東京都新宿区四ツ谷(四谷) 就業規則、社会保険、労働保険、労務管理、助成金、起業支援、英語対応の社会保険労務士 労務管理オフィス 創コンサルティング

今月の特集

  • HOME »
  • 今月の特集

賞与支払届

12月はボーナスを支給する企業様も多いのでは
ないでしょうか。

支給する企業様につきましては準備が必要な時期と
なりました。

年末の忙しさに追われてうっかり忘れてしまうことが
多いのが、社会保険の賞与支払届提出です。

お忘れなくご提出くださいね。
今月は、存在感は薄いのですが、あとで大問題に
なりかねない賞与支払届についてお話しします。

賞与支払届とは

賞与等を従業員に支給した場合、毎月の給与と同様に
社会保険料を支払う必要があります。
この社会保険料は賞与等支給日から5日以内に
被保険者賞与支払届を管轄の年金事務所等に提出する
ことにより支払いを進めることになります。

その際、被保険者賞与支払届に、被保険者賞与支払届
総括表を添付することになっています。
企業様が社会保険に加入時等に賞与支給時期を
登録していれば、通常は年金事務所から支給月の
前月には届出書が送付されてきます。

まだ登録していない企業様は社会保険料納め忘れを
防ぐためにもあらかじめ登録しておくことを
おすすめいたします。

賞与支払届の対象となるもの

賞与、期末手当、決算手当など、その名称を問わず、
従業員が労働の対償として年3回以下の回数支給される
もので、下記の内容が一般的には該当します。

 

 

 

 

(厚生労働省 算定基礎届・月額変更届の手引きより)

さらに、金銭によるものと現物によるものにわけられ、
金銭による支給については支給された額をそのまま
届け出ますが、現物によるものは厚生労働大臣が定める
価額によって算定した額を記入しますので確認ください
(現物支給は労働組合がある企業のみ可能)。

賞与支給額の記入方法

算定基礎届に記入する従業員の給与額は1円単位で
支給された金額をそのまま記入しますが、賞与等の
額を記入する場合は、1,000円未満を切り捨てた額を
記入します。
これを標準賞与額といい、下記の通り上限額が
設定されています。

健康保険:年度(保険者単位で4月1日から翌年3月31日まで)の
累計額で573万円

厚生年金保険:支給1ヶ月(同一月内につき2回以上
支給されたときは合算)につき150万円

この上限額は健康保険と厚生年金保険で金額が
異なりますが、記入時は気にせずに実際に
支給された額を記入することになります。

標準賞与額上限の意味

標準賞与額を設定しているのは、この金額以下の
ものについては各保険料が課せられるのですが、
この上限を超えたものについては保険料は
課せられません(一部例外あり)。

支給例
6月に130万円の賞与、12月に220万円の賞与、
翌年3月に230万円の決算手当が支給された。

健康保険:年度内に累計580万円が支給されており、
上限の573万円を7万円超えているため、この7万円に
ついては保険料算定の基礎とはならず573万円のみに
対しての保険料を支払うことになります。

厚生年金保険:6月は額面通り130万円、12月は
ひと月150万円を超えているので150万円に対して
のみ、翌年3月も同様に150万円に対してのみ
保険料が課されます。

 

その他留意点

・健康保険の上限を超えても、翌月以降の賞与支払届の
提出は、金額にかかわらず必要となります。
年度が切り替わると、また0からカウントしていきます。

・資格喪失月については、保険料賦課の対象とは
なりませんが、資格喪失日の前日までに支払われた
賞与等は年度累計の対象となりますので、賞与支払届の
提出は必要です。

・産前産後休業、育児休業等期間中の支払いによる
保険料免除期間に支払われた賞与については、
保険料賦課の対償とはなりませんが、年度累計の
対象となりますので、賞与支払届の提出は必要です。

・標準賞与額の累計額は、全国健康保険協会
(協会けんぽ)または各健康保険組合等の保険者単位で
算出するため、例えば協会けんぽの事業所から
健保組合の事業所へ転職した場合等は賞与額の
累計は行えません。

 

 

 

 

 

・健康保険において、同じ保険者内で年度内に
転職(例:協会けんぽのA社からB社)・転勤
(例:同じ会社で東京支店から大阪支店)等が
あった場合は、上限額を超える度に健康保険標準賞与額
累計申出書の提出が必要となります
同じ事業所で
累計額が上限を超えた場合は自動的に計算されるため、
申し出は不要)。
また、定年後の再雇用等で被保険者番号が変わる
場合は自動計算されないため、申し出が必要です。

・70歳以上の方に賞与を支払った場合は、厚生年金保険
70歳以上被用者賞与支払届の提出が必要となります。

・賞与支払予定月以外に賞与を支払いしたときも
被保険者賞与支払届の提出が必要となります。

・1月に2回以上賞与の支給があった場合は、その月の
最後の支給日から5日以内に提出することになります。

・賞与が支給されなかった場合も提出は必要です。

賞与支払届の提出を忘れてしまった場合起こり得ること

この届け出の目的は、国が社会保険料を法律通り徴収するため
ということのほかに、大切な御社の従業員のみなさまの
将来の年金を確保するための基礎となります。

提出を忘れたために国からは支払うべき保険料額を
遡って支払うとともに延滞金の請求を求められる可能性や、
従業員からは将来の年金額が減少するようなことになれば、
補償を求められる可能性もございます。

賞与支払届の提出の管理まではなかなか手が回らないという
経営者様がいらっしゃいましたらいつでもご相談ください。

当オフィスでは、書類作成から提出、支給管理まで
ご依頼を承っております。
些細なことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 

当オフィスは企業様、従業員の“続ける”を応援いたします!

 

 

お問い合わせはこちら

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5366-4751 受付時間:9:00-17:00【土日祝日を除く】時間外・土日祝日はご予約いただければ対応可

代表のブログ
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.