東京都新宿区四ツ谷(四谷) 就業規則、社会保険、労働保険、労務管理、助成金、起業支援、英語対応の社会保険労務士 労務管理オフィス 創コンサルティング

今月の特集

  • HOME »
  • 今月の特集

残業時間の削減

当然のように行われている残業。

残業が多発すると、金銭的な問題だけではなく、
従業員の心身まで影響が出てしまい、企業の危機を
迎える可能性があるということをご存知でしょうか?

 

今月の内容が、そんな残業時間を削減するヒントに
なれば幸いです。

残業ってそもそも何?

残業とは、従業員が各企業で決められた1日、
または週(場合によっては月)ごとの労働時間を
超えて勤務した場合に発生します。

 

それではなぜ発生するのか考えたことはありますか?
すぐに思い浮かぶのは突発的な仕事が発生したから、
人員不足だからといった理由でしょうか。

 

今回は、その中でも人員不足にフォーカスして
考えてみましょう。

人員不足の原因を把握していますか?

人員不足に至った原因は必ずあるはずです。
主に2つが考えられます。
まずは採用難です。
募集はしているが、応募がないという
お声をよく伺います。

 

次に、資金不足です。
雇用したい気持ちはあるが、人ひとり雇うと
経費がかかり踏み切れない。

このようなお声もよく伺います。

どう解決するか?

上記の原因を踏まえつつ、具体的な解決策の
一例をご提案するとすれば、

≪≪従業員の募集方法の再考
・入社後のミスマッチの防止や応募者の興味を
引くために、企業のオリジナルな特徴を発信する

≪≪資金不足
・利益の出ない事業の見直し
・経費の無駄を抽出・削減し、その分を時間外手当に
振り向ける

その他の方法としては、
・業務の標準化
属人的な業務は、その従業員が何かの理由で急に
不在となった場合、企業に大きなダメージを
与えることにもなります。
できる限り、業務は見える化して複数で
担当できるように標準化することをおすすめ
いたします。

・社内制度の変更
残業をするほうが損をするような仕組み作りを
しましょう。

人事評価やそれに伴った賃金制度を導入する
ことで、残業時間を削減することが可能です。

まず初めに取り組みたいこと

全社をあげて取り組む必要がありますので、
まずは経営者がはっきり宣言し、従業員だけではなく
その家族までも巻き込むくらいの勢いが必要です。

 

そして、業務の棚卸しによる現状把握を行ったうえで、
何ができるのか、無駄な業務は何かといったことに
ついて従業員の意見を取り入れ自主的に進めましょう。

 

以上の取り組みを行うことで、社内環境が改善
されることは言うまでもなく、業績にもよい影響が
何らかの形で出てきます。
最初は大変ですが、是非取り組んでみることを
おすすめいたします。

 

取り組みたいが具体的な方法がわからない、あまりに
大変なので自社だけで行うことに不安があるといった
企業様は、いつでもご相談ください。

 

当オフィスでは、きめ細かくお手伝いさせていただくことが
可能です。

 

企業様、従業員の“続ける”を応援いたします!

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5366-4751 受付時間:9:00-17:00【土日祝日を除く】時間外・土日祝日はご予約いただければ対応可

代表のブログ
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.